大切なゲストのおもてなしはハイヤーで特別感の演出を

タクシーもハイヤーもお客様から代金をいただいて運行する公共交通機関の一部ですが、そもそもタクシーとハイヤーの違いを明確に知っている人は少ないかもしれません。タクシーもハイヤーも利用者を目的地まで運ぶということは同じですが、タクシーは街中や駅前などでいわゆる流し営業を行っています。それに対し、ハイヤーは流し営業を行うことはありません。ハイヤーは完全予約制のため、格式が重んじられるような大切な状況での利用が多いのが特徴です。

例えば、会社重職の移動やVIPの送迎などでのビジネス面での利用があります。また、冠婚葬祭、還暦などの人生の節目の祝いごと、ちょっと贅沢な観光などに利用されることも多いため、タクシーとは異なり車内の空間の快適さも求められます。タクシーとは違ってドアを自動で開閉しないため、運転手が外に出て手動でドアを開閉するハイヤーは、この日だけの特別感を演出するのにぴったりです。

また、車内はラグジュアリーな空間を堪能することができるので、乗車してから目的地に到着してクロージングまで、ゆったりと至福の時間が堪能できるのが魅力です。各会社では、お客様に喜んでもらうための工夫を凝らしていることが多いです。車内で研修を行っている会社もあり、サービスは徹底されています。まずは、ドライバーの接客ですが、運転するだけでなく、周辺の地理に詳しく観光案内もできるような人材がそろっています。また、外国からのゲストを迎える様な場面では、予約の際に申し出ておくことで英語や諸外国の言葉に長けたドライバーを手配してもらうことも可能です。

次に、使われる車です。一般の車両以外にも、リムジンタイプの車やセダンタイプなどが用意されていますし、世界トップクラスの高級車で向かえてくれるのも魅力です。人数や荷物などにあわせて選択できるように、ミニバンやバンタイプの車もあります。6名から9名まで乗車できたり、収納スペースとしても使用できるため、人数が多い際の移動や、ゴルフやレジャーなどの荷物が多い場合でも比較的広々とした空間で移動することができます。

上質な内装と乗り心地であることに加え、完全なプライベート空間となりますので、ハイヤーは、大切なお客様をおもてなししたり、自分の時間をゆっくりと過ごすのにぴったりです。ハイヤーは、安全な運転で目的地まで連れて行ってくれるほか、サービス面で安心と感動といった付加価値を一緒に提供してくれるのが大きな強みでしょう。