進化するおもてなしがあるハイヤーサービスの魅力

目的地までの車の送迎に加えて、きめ細やかでお客さんに寄り添ったおもてなしが魅力のハイヤーサービスがあります。日常的に街中を走っているのを見かけやすいタクシーとの違いとして、利用者層やサービス面が挙げられます。ハイヤーは主に企業の役員や海外VIPなどのエグゼクティブ系が利用します。利用される機会として、役員の方々や海外からの視察、観光の際の移動や宮内庁への訪問などの格式が重んじられる機会が多くなっています。便利な移動手段であり、移動時の空間や快適さを提供するサービスです。貸切で使用するため、ハイヤーは個別輸送機関と呼ばれます。

ハイヤーサービスの流れは、街中を走りお客様を乗せる流し営業ではなく、基本的に完全予約制となっています。専門の会社に利用者が申し込んだ後、事前の予約に合せて営業所から出庫し、乗客を送り届け営業所まで入庫するまでの契約となります。乗務員や車両を固定配置する専属契約が可能な場合もあり、長期にわたって貸切るケースもあります。

料金体系もタクシーで用いられる時間と距離で料金が課金されるメーター制ではなく、出庫から入庫までの間が課金対象になります。サービスの質の高さに加え、実際に乗っていない間も料金として含まれるため、料金もタクシーと比較すると割高になっている傾向です。支払方法もタクシーのように乗車の都度支払うのみではなく、請求書で後払いを受け付けているところもあります。

またハイヤーのドライバーは、安全で正確な運転だけでなく利用者が気持ちよく過ごせる気配りも欠かしません。秘書検定や英会話教育、守秘義務教育などの専門的で高度なスキルを身に着けられる教育を受けています。お客様の快適さを追求し、送迎の間の時間を一層充実したものにします。

ハイヤーサービスに使用される車種も、国産外国産問わずにグレードの高い高級車が用いられることが多く、大人数対応のためのミニバンを保有しているところもあります。また、タクシーについている行灯や塗装はされておらず、高級感のある黒塗りのボディである事がほとんどです。

そんな特別な機会で用いられるハイヤーは、法人契約に対応している会社も多く、一般の利用は出来ないイメージもあるでしょう。今は多方面でのハイヤーサービスの需要が上がっています。例えば冠婚葬祭での送迎や、サプライズやアニバーサリーの演出をお手伝いするサービスを利用する人も増えています。また、事前に要望に合せた最適な観光プランを作成し、ドライバー自らが観光地をハイヤーで巡って案内する観光に特化した利用方法もあります。英語対応もしていることから特に海外ゲストに人気もあり、一般的にも幅広い場面で使われる事が増えており身近な存在になりつつあります。