外国からのゲストにとても便利なハイヤー

外国からのゲストにとても便利なハイヤー

外国からのゲストにとても便利なハイヤー 外国からの大切なゲストへのおもてなしとして、ハイヤーの利用がオススメです。ハイヤーは希望した場所への送迎はもちろん、使用されている車両が高級感溢れる外観なので利用者にしっかり満足してもらえます。外国からのゲストが利用する空港まで送迎してもらえば、ゲストが慣れない日本での移動で戸惑う事なく目的地へと移動可能です。視察など、会社での利用であれば、社用車を社員が運転して空港まで迎えに行く事になるでしょう。その際、外国語を喋れる社員でなければ待ち合わせから困難となります。外国語を喋れる社員を厳選しつつも、社員に運転をしてもらう事を考えると準備が大変です。外国語も習得しているプロのドライバーを用意したハイヤーを利用すれば送迎の準備や手間を省けるでしょう。ドライバーが空港の分かりやすい場所でネームボードを持って待機してくれますから、ゲストとスムーズな合流が可能です。

また、宿泊用の大荷物があったとしてもハイヤーのトランクにすぐに詰め込められるため、移動中も社内では身軽に過ごしてもらえます。もしも、ゲストの人数や荷物が多ければ、それに応じて大きめの車両を用意する事も可能です。4名程度乗れる一般的なサイズから、9名程度乗れる大型車両まで、会社によって様々なタイプが用意されています。ハイヤーであれば、社用車ではまかないきれない人数のゲストでも対応が可能になり、社員もゲストも安心して過ごせます。

ビジネスシーン以外でも、外国の方の移動手段としてハイヤーは使えます。例えば、外国からの友人を交えた国内旅行です。自分が是非見て欲しい日本の良さを伝えても良いですし、自分も行ったことのないような場所を観光するのも良いでしょう。もちろん、日本には慣れていて、移動だけハイヤーを利用したい場合でもその旨を伝えれば臨機応変に対応してくれます。このようなおもてなしをきっかけに日本が好きになってもらうと、再度訪れるきっかけになる事もあるでしょう。初めて行く場所だとしても、あらかじめ予約時に目的地を伝えておくため、ドライバーがあらかじめ目的地について調べておいてくれます。最適なルートで目的地へと連れて行ってくれるので、アクセス方法を調べたり面倒な乗り継ぎをすることなく、スムーズに安心して観光を楽しめます。

観光をするにあたり、普段使わないような用語を外国語として喋らなければ、日本の良さを上手く伝えられない場合もあるでしょう。例えば日本の歴史についてであれば、自分が良く知らなければもちろん伝えられませんし、専門用語をどのように外国語で話せばいいか分かりません。しかし、ハイヤーは移動中の車内でも次の目的地の詳細やオススメの話を外国語で話してくれるため、外国の友人もしっかりと楽しめます。ただし、どの言語でも対応している、というわけではありません。ハイヤー会社によって、英語のみなど対応言語が決められていたり、オプション料金が発生しますから、必ず予約時に確認しましょう。

日本人を交えずに外国の方だけでもハイヤーを利用できます。その際、例えば、日本人が別の県へ旅行に行き、そこの簡単な方言を少しドライバーに教えてもらうように、外国人の方も良く使用する日本語をドライバーに教えてもらうことも可能です。外国の方だけで利用するとなると、日本語が話せなければ、オペレーターの言っていることや自身が伝えたいことを日本語で伝えなければならないため、予約が難しいこともあります。しかしながら、予約の時点から外国語での対応を可能とし、予約ができる会社もあります。また、見積もりだけであれば、電話とインターネットのどちらからでも可能なところもあります。

お知らせ